Product

製品情報

  • NSSG-HB(S)プレキャスト防潮堤
NSSG-HB(S)プレキャスト防潮堤の概要

2011年の東日本大震災では、地震による津波により、東北地方の沿岸地域に甚大な被害が発生しました。プレキャスト防潮堤は、構造部材にPCa部材を用いて、津波や高潮による被害を低減する防潮堤を構築するものであり、優れた経済性や施工性を有しています。

NSSG‐HB(S)プレキャスト防潮堤は、特に施工性の優れた海岸・沿岸構造製品として、株式会社横河住金ブリッジとジオスター株式会社が共同開発した防潮堤です。

NSSG-HB(S)プレキャスト防潮堤の構造

NSSG‐HB(S)プレキャスト防潮堤は、『PCa堅壁(プレキャスト堅壁)』 と『鋼・コンクリート複合フーチング』から構成されます。防潮堤本体は、鋼管杭により強固な地盤と一体化しており、津波や大地震に対して粘り強い構造を実現できます。

NSSG‐HB(S)プレキャスト防潮堤の構造図
NSSG-HB(S)プレキャスト防潮堤の特徴
工期短縮

・構成部材をすべてプレキャスト化することで、急速施工が可能となります。
・現場打ちコンクリート施工に比べて、工期は半減します。

安全性

・プレキャスト構造のため、現地における高所型枠、配筋作業が完全省略できることから安全性を確保できます。

施工性

・現地作業は、杭の打込み,プレキャスト部材の接合,接合部のコンクリート施工のため、特殊な作業がなく熟練工を必要としません。

高品質

・全ての構成部材は、専用工場において、確実な品質管理のもとで製作されるため、高い品質で提供できます。

耐久性

・鋼材とコンクリートを有効に活用することで粘り強い構造を実現しました。鋼材は全てコンクリートで被覆されることから高い耐久性を有します。

省資源

・プレキャスト構造にすることで、現場打ちコンクリートを最小限にすることが可能となりました。

NSSG-HB(S)プレキャスト防潮堤の構造詳細

PCa堅壁

・工場で製作するため、強靭かつ安定した品質を実現します。
・形状の自由度が高く、更にご要望に応じて、壁面に文字や模様を入れることも可能です。

NSSG‐HB(S)プレキャスト防潮堤のPCa堅壁

PCa堅壁と複合フーチングの接合部

・複合フーチングとPCa堅壁は機械式継手により接合させます。
・フーチング、堅壁ともに専用工場にて精度管理して製作されるため、容易に接合することが可能です。
・また、機械式継手によるモルタル充填式接合方法は、一般に広く用いられており、施工管理も非常に容易に行なえます。

鋼・コンクリート複合フーチング

・フーチング本体は、H形鋼を溶接組した強固な枠組みにコンクリート被覆を施した構造です。
・接続部は、H形鋼を溶接組した強固な枠組みです。
・現地でフーチング本体間に接続部を組み込み、ボルト添接により連続化させて完成します。なお、完成時には、鋼部材は全てコンクリートに被覆され、高い耐久性を発揮します。

NSSG-HB(S)プレキャスト防潮堤の施工順序
① 鋼管杭打込み
② 均しコンクリート打設
③ 複合フーチング設置
④ 接続部・杭頭部コンクリート打設
⑤ PCa堅壁建込み

NSSG-HB(S)プレキャスト防潮堤の施工手順
⑥ 完成
NSSG-HB(S)プレキャスト防潮堤の施工状況
NSSG-HB(S)プレキャスト防潮堤の施工状況1
NSSG-HB(S)プレキャスト防潮堤の施工状況2