Product

製品情報

  • 高強度コンクリートスラブ CT-Pスラブ
CT-Pスラブの概要

CT-Pスラブは、農道橋や人道橋、水路の蓋掛けなど、幅広い用途にご使用いただけるミドルスパンのプレテンション簡易橋です。断面はプレキャストの特性を生かした合理的なチャンネル形状となっており、製品間はループ継手で連結します。

簡易橋梁を始めとして、水路蓋、簡易橋梁、水路蓋、固定桟橋、市町村道用橋梁、農道橋、歩道橋など幅広い用途でお使いいただけます。

施工は、クレーンで製品を設置した後、継手部に場所打ちコンクリートを打設するだけで完成するため、非常に施工性に優れています。

CT-Pスラブ製品間の連結
CT-Pスラブによる簡易橋梁
CT-Pスラブによる水路蓋
CT-Pスラブの特徴

設計における特徴
・高強度コンクリート(60N/mm2)と異形鉄筋、プレテンションPCを導入したプレテンションチャンネル型スラブです。
・設計支間長 10m~15m程度にも対応可能な製品です。
・T-25荷重にも対応可能な製品です。
・コンクリート標準示方書に加えて、道路橋示方書・同解説に準拠した製品です。

施工における特徴
・現場打ちに比べて施工が非常に簡単です。
・工場製品を並べるだけであり、工期の短縮が図れます。
・工場製品のため気象条件に関係なく信頼性の高い構造物となります。
・継手方式はJIS桁とは違い、ループ継手としており、現場横締作業が不要です。
・現場での施工管理が簡単で、省力化が図れます。

維持管理における特徴
・耐久性があり強度が持続します。
・品質管理の安定した工場にて製造されており、安定した強度の製品であり
・厳しい環境条件でもメンテナンスフリーで使用可能です。

CT-Pスラブの種類および一般構造断面形状
CT-500P
CT-550P
CT-600P
簡易橋梁におけるCT-Pスラブの断面形状
CT-Pスラブ製品写真
CT-Pスラブの適用範囲および寸法
CT-Pスラブの適用支間長について
CT-Pスラブの支承部
ゴム支承設置例
ゴム支承施工例
アンカー配置例
アンカー施工例

アンカーボルトは、一般的にはCT-Pスラブ架設後に設置します。下部工の箱抜きアンカー孔に無収縮モルタルを充填し、アンカーボルトを差込み固定します。

CT-Pスラブの施工手順
CT-Pスラブの施工実績写真
CT-Pスラブの施工状況
CT-Pスラブの施工状況、水路蓋