Development

技術開発関連

ジオスターの技術開発

プレキャスト製品におけるジオスターの技術開発について

ジオスターでは、プレキャスト製品における市場ニーズが多様化する中で、
鉄筋コンクリート(RC)構造をはじめ、複合構造形式の技術開発や大型プレキャスト製品の継手技術、新材料技術の導入を重点的に実施。ニーズ開発(製品開発)に加えてシーズ開発(要素技術開発)も進めています。

RC構造における技術開発では、これまでの製品群の改良や新規開発を推進。複合構造における技術開発では、従来のコンクリート技術にスチールの技術を加えた複合構造の優位性を持つハイブリッド建材の開発に取り組んでいます。これらの取り組みにより、RC構造のNSSGハイブリッド(略称:HB)プレキャスト防潮堤や複合構造の埋設型枠であるガッチリフォームを開発しました。

また、大型プレキャスト製品には欠かせない継手技術では、耐震性能のある耐震継手の開発を推進し、新材料技術では、市場のニーズに対応できるように、超高強度繊維補強コンクリートや耐硫酸性等に優れたコンクリート材料であるハレーサルトを取り入れ、その技術の優位性を発揮させる製品の開発に積極的に取り組んでいます。

複合構造梁の曲げ性能確認のための、曲げ強度試験
プレキャスト防潮堤における、鋼管杭とPCaフーチングの一体性を確認するための押抜きによる付着強度確認試験
プレキャスト製品における複合構造の技術開発

ジオスターでは、従来のコンクリート技術にスチールの技術を加えた複合構造の優位性を持つハイブリッド建材の開発に取り組んでいます。

NSSGハイブリッドプレキャスト防潮堤

NSSGハイブリッドプレキャスト防潮堤(株式会社横河住金ブリッジとの共同開発製品)は、『プレキャスト竪壁』と『鋼・コンクリート複合フーチング』から構成されます。基礎は、鋼管杭により強固な地盤と一体化されており、防潮堤本体と鋼管杭を連結することにより、津波や大地震に対して粘り強い構造を実現できます。

NSSG-HB(S)プレキャスト防潮堤の構造
NSSG-HB(S)プレキャスト防潮堤の実績
NSSG-HB(V)プレキャスト防潮堤の構造(1)
NSSG-HB(V)プレキャスト防潮堤の構造(2)
ガッチリフォーム(高性能埋設型枠)

ガッチリフォームは、経済性と施工性に優れた埋設型枠製品として、株式会社横河住金ブリッジとジオスター株式会社で共同開発したハイブリッド構造の埋設型枠です。ガッチリフォームでは、プレキャスト鉄筋コンクリート部材の上面部に鋼製リブ材を配置し、ツナギ材で一体化することにより、断面剛性を大きく向上させることが可能となりました。

ガッチリフォームの構造
ガッチリフォームのイメージ図
大型プレキャスト製品における継手構造の技術開発

大型プレキャスト製品の構築に欠かせない継手技術では、SA級継手を用いた耐震継手の開発に取り組んでいます。

大型プレキャスト製品における耐震継手は、ボックスカルバートやアーチカルバートの側壁部に適用することで、大規模地震動に対して必要とされる耐震性能を有する大型プレキャスト閑居の構築が可能となります。

ジオウェアカルバートにおける耐震継手
ボックスタイプ
ジオウェアカルバートにおける耐震継手
アーチタイプ
プレキャスト製品における新材料技術の適用

市場のニーズに対応できるように、新材料技術を取り入れ、その技術の優位性を発揮させる製品の開発に積極的に取り組んでいます。

超高強度繊維補強コンクリート(UFC)

超高強度繊維補強コンクリート(UFC:Ultra High Strength Fiber Reinforced Concrete)は、
プレミックス粉体、鋼繊維、高性能減水剤等から構成されるセメント質複合材で、圧縮強度180N/mm2以上の高強度と、繊維補強による高靭性を有しています。また超高強度繊維補強コンクリートは、優れた強度特性だけではなく、自己充填性、耐久性、耐磨耗性、耐凍結融解性等を特徴とした新素材です。従来のコンクリート製品と比較して、部材の薄肉化、軽量化が可能となります。

高炉スラグを用いた超耐久性コンクリート:ハレーサルト

ハレーサルトは、セメントの一部を高炉スラグ微粉末に置換し、細骨材に高炉スラグ細骨材を100%用いたコンクリートで、耐硫酸性、耐塩害性、耐凍害性を向上させています。製鉄所から排出される副産物(高炉スラグ)を有効利用したコンクリートであり、普通コンクリートと比べて優れた特性を有しています。

ハレーサルトのホームページ
ハレーサルト工業会 ホームページ
http://haresult.jp/