ボックスベアリング横引き工法

  • トップ
  • お知らせ
  • 製品情報
  • 技術ニュース
  • 会社案内
  • 株主投資家情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ

ボックスベアリング横引き工法

  • 施工例
  • 製品カタログ
ビックボックス

 

ボックスベアリング横引き工法協会加盟
国土交通省・新技術活用システム(NETIS)登録:KT-990571

特長

施工ヤードが狭くても、円滑な敷設作業ができます。

搬入作業(クレーン作業)と敷設作業(横引き作業)が分離でき、急速施工が可能です。

従来工法に比べて、掘削幅が小さくなります。

覆工板を設置すれば、地下内での作業のみとなり、上部の交通が開放できます。

敷設に伴ってクレーンが移動する必要がなく、おろし場所が一ヵ所で敷設できます。

高架橋、電線等の上部障害物がある場所でも敷設作業が可能です。

基礎コンクリートとの摩擦が小さく、縦方向PC緊張力を低減できます。

従来工法に比べて、工費の低減、工期の短縮が図れます。

用途

ボックスカルバートを所定の搬入口より吊り降ろし、ベアリング(鋼球)とウィンチによりレール(形鋼)に沿って、けん引してボックスカルバートを敷設する工法です。

民家の密集した狭い場所、交通量の多い道路下、橋梁および鉄道下の横断歩道等の施工に最適です。

製品情報

製品情報
  • 表示が変わります
  • 製品図-01
  • 製品図-02
  • 製品図02
  • 写真
  • インターネットからお問い合せ
  • お電話のお問い合せ