Governance

コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス

基本的な考え方

ジオスター株式会社は、社会資本の整備と国民生活の向上に貢献することにより、
健全で持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を図ることで、株主の皆様や取引先をはじめとする全てのステークホルダーの期待と信頼に応えるものと考えております。
この実現に向けて、ジオスター株式会社は、効率的かつ健全な経営を推進する基盤として、コーポレートガバナンスの充実が重要な経営課題であると認識しております。

ジオスター株式会社におけるコーポレートガバナンスの状況の詳細については、コーポレートガバナンス報告書をご参照ください。

コーポレートガバナンス体制の基本的な仕組み
取締役会

ジオスター株式会社では、当社事業・経営に精通した取締役を中心とする取締役会が、的確かつ迅速に重要な業務の執行決定を行います。また法的に強い監査権を有する監査役が、取締役会にも出席。独立した立場から取締役等の職務執行を監査する体制が、経営の効率性と健全性を確保するのに効果的であるとの判断から、監査役会設置会社を採用しております。

当社の取締役会は、取締役9人、うち2人を社外取締役(平成29年6月28日現在)で構成し、原則月1回開催しております。少人数での運営と高い頻度での開催により、経営戦略立案等、重要事項を迅速に意思決定し、業務執行の監督機能を強化します。

監査役会

ジオスター株式会社の監査役会は、監査役4人、うち2人を社外監査役(平成29年6月28日現在)で構成することにより、独立性を担保。監査役は、監査計画に基づき各事業部・?会社の内部統制状況等の監査を行うとともに、取締役会・経営会議に常時出席し、業務執行に対する監査機能を?分果たしております。
また監査役と内部監査室で連携をとり、内部統制システムの整備・運用状況等についての体制を強化しております。

執行役員制度

ジオスター株式会社では、執行役員制度を導入することで、経営の効率性向上と責任の明確化を図ります。

経営会議

ジオスター株式会社では、取締役、執行役員、グループ会社社長、および常勤監査役等で構成する経営会議を設置。原則月1回開催し、業務執行についての活発な議論・意見交換を行っております。

会計士監査

ジオスター株式会社の会計?監査は、有限責任あずさ監査法人に依頼。厳正な会計監査および会計指導を受けるとともに、監査結果は取締役会・経営会議に報告され、業務改善に活かしております。

リスクマネジメント体制

ジオスター株式会社および?会社では、リスクマネジメント体制の整備・運用状況を絶えず確認。不備な点については都度整備し、万全の対策を講じております。また当社は取締役、執行役員、常勤監査役ならびに内部監査室等をメンバーとする「リスクマネジメント委員会」および「内部通報制度」を設置しております。

株主・投資家等の皆様への積極的開示

経営の透明度と信頼性を高めるため、当社は株主・投資家等の皆様への積極的開示も進めております。

各機関・内部統制等の関係図

当社の各機関と内部統制等の関係を図に示すと、以下のとおりとなります。

  1. 1.当社および当社グループ経営に関わる重要事項については、社長、取締役、執行役員、常勤監査役等で構成される
    「経営会議」の審議を経て、「取締役会」(原則、月1回開催)において執行決定を行っています。
  2. 2.経営会議・取締役会に先立つ審議機関として、目的別に人事委員会、技術開発委員会、品質管理委員会、環境保全委員会、リスクマネジメント委員会等の全社委員会を設置しています。
適時開示体制の模式図